白髪染めのカラー剤でアレルギー反応が出て、白髪染めトリートメントを使うようになった。

私は、白髪染めトリートメントを使って白髪を染めています。

一般的に使われている白髪染め用品のヘアカラー剤で、アレルギー反応が出てしまったので、刺激物のない白髪染め用品でないとダメなカラダになったからです。

 

昔は、美容室でふつうにヘアカラーしていました。

その頃は「ジアミンアレルギー」などは知らなくて、多少は頭皮がピリついてかゆくなるけど、炎症やタダレなどはなかったので、気にもしていませんでした。

 

40歳になった頃でしょうか。

その頃は美容室じゃなくて、ドラッグストアで購入した白髪染めで、いつものように自宅で染めていたときです。

 

かなり強いかゆみを感じて、ピリピリとした痛みもありました。

「あれ?いつも染めているけど、今日はなんか感じが違う・・」

そう思って怖くなった私は、カラー途中でしたが、薬剤を流して様子を見ることにしました。

 

痛みは徐々に引いていくものの、頭皮の赤みは段々強くなっていきます。

「これは間違いなく、アレルギー症状が出ている気がする。」

 

インターネットを使って白髪染めやヘアカラーについて色々調べてみると、どうやら一般の白髪染め用品には「酸化染料」という刺激の強い化学薬品を使っていることを知りました。

パラフェニレンジアミンというものが代表的な化合物で、それらを総称して「ジアミン系」と言うそうです。

 

わたしは、なんのアレルギーもなかったので、そういった「成分」などに気を付けたことがありませんでした。

でも、白髪染めでアレルギー反応が出てしまったので、そうも言ってられません。

 

それから、ふつうの白髪染めを使うことは一切なくなりました。

カラダが薬品を拒絶しているので、また使って肌トラブルが起きるのは怖いですし、そこまでして白髪を染めたいとも思いません。

 

白髪を染めれない、でも仕方ない。

アレルギー反応が出てから、数年間は白髪を放置するようになったのです。

 

毎月のように白髪染めしていたので、周りからは微妙な反応をいくつかもらいました。

「美容室にいって白髪染めしたりしないの?」

「前と雰囲気がちょっと違うね」

 

白髪をそのままにしていると、どんなことを言われるのか、どう他人から見えるのか、わかっていたつもりです。

でも、やっぱり色々言われると、染めたくても染められないから・・という気持ちになり、悲しく思っていました。

 

あるとき、知り合いに「白髪染めでも、カラダに悪くなくて、アレルギーが出た人でも使えるものがあるよ」ということを聞きました。

 

家に帰って調べてみると、どうやら「白髪だけを染めるなら、酸化染料は必要ない」ということが書いてあります。

その、アレルギー物質が入っていない白髪染め用品の1つに、今も使っている「白髪染めトリートメント」があったのです。

 

他の種類には、白髪染めシャンプーとか、ヘアマニキュアとか、ヘナとか、オハグロ式の白髪染め?などがあることを、色々調べて知りました。

でも、わたしは髪の毛がパサつきやすいし、普段の手入れも適当になっていて、かなり状態の悪い髪質になっていたので、白髪染めトリートメントを選んだのです。

 

ネットで調べた白髪染めトリートメントを、試しに1つ買ってみました。

商品名は載せませんが、結果的にいうと「買ってよかった」と、心から思えたのです。

 

ふつうに白髪染めみたいな感じじゃなくて、チューブからクリーム状の液体を出して、それを必要なだけ髪に塗るというものでした。

薬剤を混ぜることは必要なく、ただ塗ってクシで適度に梳かすだけなので、誰でも簡単にできると思います。

 

「カラダに悪くないってことは、そんなに染まらないってことだよね、きっと」

そう思って、半ば期待していなかったんですが、白髪染めトリートメントはその諦めていた気持ちを、見事に裏切ってくれたのです。

 

白髪染めトリートメントを塗ってから放置して、実際に流して乾かしてみました。

 

「え?1回でこんなに染まるものなの?」

 

今まで白髪染めをせずに放置していた、たくさんの白髪が無くなっていたんです。

白髪がどこにあったのかもよく見ないと分かりません、「これはすごい!」

 

アレルギーが出た私の頭皮でも、刺激は一切なかったし、ただヒンヤリ冷たいだけでした。

髪の毛も若干サラサラになったし、表面のザラつきが減ったようにも感じました。

 

商品には「初回利用~3回目までは毎日塗布してください」と書いてあったのですが、まさか1回でここまで綺麗に染まるなんて、夢にも思いませんでした。

 

 

白髪染めトリートメントは、カラダに悪い成分が入っていないし、アレルギーが出る薬品も入っていません。

そして、案外というか、かなり白髪をキチンと染めてくれるので、美容室に行きたくない人とか、ヘアカラーがカラダに合わなかった人に使ってみて欲しいと思いました。

 

数年ぶりに白髪が綺麗に染まって、やっぱり白髪をそのままにするよりも、気持ちが明るくなって嬉しくなります。

今まで出来ていたことが出来なくなるって、予想以上に辛いものだったんですね。

 

白髪染めトリートメントに救われた一人の体験話でした。

 

 

ちなみに、白髪染めトリートメントを買うときに参考にしたホームページは下記です。

満足できる結果になったので、お世話になったこともありシェアしておきますね。

 

初めての白髪染めトリートメントならこれがオススメです。