外見で人は判断される。髪型が与えるイメージも大きいから、注意しないといけない。

見た目で人を判断しちゃいけない。

 

ってよく聞きますし、私自身もそう思います。

けど、実際は「外見で人は判断される」のであって、見た目を疎かにしてしまうと損することが多くなります。

 

仕事だったら「コイツは仕事できなさそうだな、一緒に業務すんの嫌だな~」とか思われると思いますし、

友達でも「○○さんは服装がなんかださいし、あんまり付き合いたくない」と思われも仕方ありませんよね。

だって、自分も同じように思っちゃいますから、清潔感のない人とはあまり関わりたくありません。

 

わたしは、アレルギー症状が出てしまったので、しばらくの間「白髪を染めずに放置」していました。

髪の毛を綺麗にしているときと比べると、やっぱり白髪がそのままのときは人当たりが違うように感じました。

 

「自意識過剰なんじゃない?」

と思われる方もいらっしゃると思いますが、これは事実なんです。

 

  1. 見た目を綺麗にしていて、優雅な雰囲気の女性または男性。
  2. 見た目が汚くて、貧相に見える女性または男性。

あなたはどちらの人と関わりたいでしょうか?

どちらのタイプと話しているとハッピーになりそうですか?

 

わたしは、①の方がいいです。

わたしは、やっぱり見た目の印象で人を判断してしまいがちなので、②の人とは話したくありません。

 

ひどい。

と思うんですけど、大多数の人は同じだと思うんですよね。

 

顔見知りの人だったり、付き合いの長い人だったら、見た目通りの人じゃないってわかってます。

だから外見で良し悪しを判断したりはしないですが、知らない人は別です。

 

その人のことを知らない = 外見からしか情報がない。

つまり、最初は見た目で判断するしかない。

 

なので、白髪を放置していた頃よりも、しっかりと髪の毛を綺麗にしていたときの自分のほうが好きでした。

自分でも、身なりが整っていて小奇麗にしていないと、自分に自信を持てなくなります。

もしかしたら、自身がなくて元気がなかったからこそ、人当たりが変わっていたのかもしれないですけどね。

 

髪型もそうだし、服装とか匂いとかも大事なのかなって思います。

喋らなくても人に与える印象はあって、初めてお会いする人は、見た目が8割なのかなって思います。

 

自分で出来る範囲は限られていますが、私はまず、「髪の毛だけは綺麗にしておこう」と気を付けようと思いました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*